商品情報

2020年は、ネズミ年!今年も、石川紙業のお正月アイテムが届きました。

干支張子(子)招福丸 中

いよいよ2020年! 東京オリンピックが開催される、記念すべき年ですね

早いもので、2019年もあと一ヵ月半となりました。

まだまだクリスマスに思いを馳せる季節ですが、それが終わると、たちまちお正月がやってきますね。今年も、お正月商品をたくさんご用意いたしましたよ。

美濃和紙を得意とする「石川紙業」より、2020年の干支である「子(ネズミ)」のアイテムが、多数新入荷しております!

⇒「干支張子(子)招福丸 中」はこちら

干支張子(子)かご入招福でんでん子

干支張子(子)かご入招福でんでん子

コトコトコト…と太鼓が鳴り響きます

日本の伝統的なおもちゃ「でんでん太鼓」を合わせた、メイドインジャパンの飾り物です。

でんでん太鼓は和柄の刺繍が施してあり、小物としても立派な出来栄えです。振り回していただくと、コンコンと可愛い音がします。

でんでん太鼓はもちろん、カゴとネズミさんも取り外し可能なので、別々のアイテムとしてもご利用いただけますよ。

⇒「干支張子(子)かご入招福でんでん子」はこちら

和紙貼寿(小)小槌

和紙貼寿(小)小槌

ところどころに塗られた金色の塗料が、またゴージャスです

一寸法師の物語でもおなじみの、打ち出の小槌を抱えたネズミさん。

陶器に美濃和紙を貼り付けた、和の風合いをたっぷりと感じていただけるお品物です。

お洋服やセットの敷き物などに豪華絢爛な絵柄を取り入れていて、見ているだけで元気をもらえる華やかな仕上がりです。

可愛いイエローの化粧箱にお入れしてお届けいたします。

⇒「和紙貼寿(小)小槌」はこちら

干支張子(子)豆子

干支張子(子)豆子

毎年ご好評いただいている、豆シリーズの新作が登場です

「三方」と呼ばれる神聖な木製台座に、小さな干支のお人形を飾った、石川紙業の豆シリーズ。今年はピンク色のデザインで、より可愛らしいお品物に仕上がっています。

台座は角を削り、優しい印象をプラス。また、ネズミさんの下に赤い敷き紙を入れることで、より神聖な雰囲気を演出。小さくても、こまやかな作りこみがなされています。

贈り物にも便利な、透明のプラスチックケースに入れてお届けします。スペースを取らないプチサイズで、年末年始のちょっとしたギフトにもとってもオススメですよ。

⇒「干支張子(子)豆子」はこちら

干支張子(子)招福丸 中

干支張子(子)招福丸 中

ころりんとした、二匹のネズミさん

こちらも毎年たいへんご好評いただいている、「招福丸シリーズ」。2020年は、ゴージャスな金色のネズミさんです。

船とネズミ二匹はそれぞれ独立しており、幅広い飾り付けをお楽しみいただくことが出来ます。

帆に書かれた「寳」の字は「宝」の旧字体。宝船をイメージした、縁起の良いデザインになっていますよ。

また、ネズミは金運を司る大黒様の使いでもあります。そんなネズミさんたちが宝船に乗って、富を運んできてくれるかもしれませんね。

⇒「干支張子(子)招福丸 中」はこちら

干支張子(子)はりこーシカ子

干支張子(子)はりこーシカ子

大・中・小と、松・竹・梅

マトリョーシカのように、中にお人形を入れ込むことが出来る「はりこーシカ」。今年は、白、ピンク、黄と可愛らしいカラーでまとめました。

今年のはりこーシカは、一番小さいネズミが手のひらサイズなので、より自由に飾っていただけるようになりました。

マトリョーシカなので中が空洞になっており、とても軽いのも嬉しいポイント。例えば、大きなネズミさんの頭の上にだって、乗せることができちゃいますよ。

⇒「干支張子(子)はりこーシカ子」はこちら

干支張子(子)鯛乗り

干支張子(子)鯛乗り

鯛が大きいのでしょうか? それとも、ネズミが小さいのでしょうか?

おめでたい存在の鯛に、干支のネズミさんが乗った、ユニークなアイテム。

こちらは一体型で、二匹で一つの作品になっています。その分、乗っかったデザインがより本物らしく、インテリアアイテムとして楽しいものに仕上がっていますよ。

触れるとゆらゆらと揺れるのも、鯛乗りならではの作り。全体的に面白みのある作品ですが、職人さんが一つ一つ施したペイントはさすがの一言です。

鯛はお食い初めにも使用される、屈指の縁起の良いお魚。ネズミと合わせて、紅白のデザインになっているのにも注目です。

⇒「干支張子(子)鯛乗り」はこちら

干支張子(子)鯛釣りやじろべえ

干支張子(子)鯛釣りやじろべえ

人生の厳しさを教えてくれます

最後にご紹介するのは、台座の上部に設置された溝に、ネズミの足元に出ている小さな突起を乗せていただくと、ぶらんぶらんと揺れ動くやじろべえになるユニークアイテム。

揺れるたびに、下にいる猫が前後に大きく揺れ、それと同時に鯛も前後に揺れますが、決して猫が鯛に届くことはありません。上にいるネズミは、鯛を手に出来ない猫を確認するかのように、チラチラと下を向きます。

揺らさずにそのまま飾っておくだけでも、とてもスタイリッシュな作品に仕上がっています。ネズミと猫には和紙が貼り付けてあり、全体的にとても優しい印象のアイテムです。

⇒「干支張子(子)鯛釣りやじろべえ」はこちら

干支張子(子)招福丸 中

2020年は、どんな年になるでしょうか

子年を祝う新商品たち、いかがでしたでしょうか?

2020年を祝う縁起物として。または、子年の方への贈り物として。様々な使い道のある石川紙業の和のアイテムたちを、是非見ていってくださいね。

年末に近づくと、在庫がなくなる恐れもございますので、是非ご検討はお早めに!

⇒石川紙業のアイテム一覧はこちら

⇒「干支張子(子)招福丸 中」はこちら