Wendt & Kuhn

Wendt & Kuhn(ヴェントアンドキューン)とは?

クリックしてWendt & Kuhnのストーリを表示してください。
1913年、ドイツ、ドレスデンの美術工芸学校の卒業生だったグレーテ(当時はマルガレーテ)・ヴェントが、おみやげ品のデザインコンペに、3人のイチゴ摘みの子どもで応募しました。

そのデザインが高く評価され、2年後の1915年、級友のマルガレーテ・キューンとともに、グリュンハイニヒェンに工房を開きました。 
彼女のデザインが画期的だったのは、それまで薄い板だった腕を、ろくろ加工した立体的なパーツを使用し、接着したことです。
胴体や脚にも角度がつくことによって、動きや表情を生み出し、陶器のような光沢のある彩色と相まって、それまでにない愛らしさを備えたのです。
他社には、決して真似できない手法です。

グレーテ・ヴェントは、この手法を用いて、花の子ども(1929~)、天使の楽隊(1923~)、雪の天使などの、可愛らしいミニチュアをデザインします。
ヴェントの手法は今や、ドイツ、エルツ山地の工芸品の伝統となって、深く根を下ろしています。

ヴェント&キューンの人形たちは、今現在も、グリュンハイニヒェンの地で、巧みな手作業によって製作され、最高級の品質を誇っています。
また、洗練されたデザイン性、値段の高価さから、「木のおもちゃのベンツ」とも言われています。 

人気シリーズ『天使の楽団』は、今日までに、様々な楽器のモチーフが販売されています。
愛らしい表情の天使の背中には、11個の白い水玉模様の緑の羽があり、これが「ヴェント&キューン」のトレードマークとなっています。

検索条件:

表示中:1~18件(49件中)

表示中:1~18件(49件中)