トムテママとベビー

北欧では、夏でも冬でも、赤ちゃんを屋外で昼寝させるのが普通なんですって。外のほうが良い睡眠を取れるという考えからきているんだそうですよ。

Skandinavisk Hemslojdトムテママとベビー

3,240税込

  • トムテママとベビー のイメージ(2)
  • トムテママとベビー のイメージ(3)
  • トムテママとベビー のイメージ(4)
  • トムテママとベビー のイメージ(5)
  • トムテママとベビー のイメージ(6)
  • トムテママとベビー のイメージ(7)
  • トムテママとベビー のイメージ(8)

11月22日(木)10時までのご注文完了で

11月22日(木)発送予定

※発送の目安となります。

デンマーク、スウェーデン、ノルウェーの三国を表す「スカンジナビア」と、スウェーデン語で手工芸という意味の「ヘムスロイド」。その二つの名を頂いたスカンジナビスク・ヘムスロイドは、北欧の伝統的な表現法を守りながら、現代のニーズに寄り添った木工アイテムを多数展開しているブランドです。

赤と白のクリスマスコーデに赤ちゃんを抱いた、なんともピースフルなお人形が登場です。
帽子はニット、マフラーは少し毛羽立ったフェルト、ワンピースはプレーンな肌触り。部位によって素材を細かく切り替えた、見ているだけで楽しいひと品になりました。
赤ちゃんはママに比べてシンプルなデザインですが、きちんとおそろいのニット帽をかぶった、抜かりのない設計です。

冬生まれのあの人に、寒い季節に出産したあの方に。暖かさに満ち溢れた、愛情たっぷりの「トムテママとベビー」は、出産のお祝いにも自信を持ってオススメできるお人形です。

【トムテについて】
スウェーデンではトムテ、デンマークやノルウェーではニッセと呼ばれる、民間伝承に登場する妖精です。
北欧ではトムテは古くから農家の守り神として登場し、大事に扱えば繁栄をもたらし、そうでなければ厄介ないたずらをする者として現代へ言い伝えられています。今でも年に一度、クリスマスイブにはトムテへのご馳走として粥を供える風習があります。
時代の流れと共にトムテは妖精の垣根を越え、スウェーデン版サンタクロースとして親しまれ始めます。現代ではユール(=クリスマス)トムテとして人々に愛されながら、サンタクロースの役割を果たしています。

※ひとつひとつ手作りで作られているため、顔・手・足 など体の動きや向き、ペイントのずれ、塗りムラ、装飾品の形状、接着剤のはみ出し、木の色や木目、全体的な表情や印象などが、商品画像と異なる場合があります。不良品ではありませんので、あらかじめご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。

  • 品番

    00901-00028

  • 原産国

    スウェーデン

  • 材質

    木、ウール、フェルト、コットン

  • サイズ

    高さ:約12cm

  • ブランド

    Skandinavisk Hemslojd Skandinavisk Hemslojd(スカンジナビスク・ヘムスロイド)

  • 備考

     

  • お願い

    直射日光のあたる場所や、高温多湿なところにはおかないでください。また、濡れた手で触れないようにしてください。

北欧では、夏でも冬でも、赤ちゃんを屋外で昼寝させるのが普通なんですって。外のほうが良い睡眠を取れるという考えからきているんだそうですよ。

Skandinavisk Hemslojdトムテママとベビー

3,240税込