舞妓

舞妓さんは、一般的に芸子さんになるための修行をする若い女性のこと。およそ20歳前後で舞妓を卒業しなくてはならないそうです。

卯三郎こけし舞妓

3,240-(税込)

  • 舞妓 のイメージ(2)
  • 舞妓 のイメージ(3)
  • 舞妓 のイメージ(4)
  • 舞妓 のイメージ(5)
  • 舞妓 のイメージ(6)
  • 舞妓 のイメージ(7)
群馬県・榛東村にある、昭和25年創業のこけし工房「卯三郎こけし」で、職人さんたちがひとつずつ丁寧に心を込めて作った女の子のこけしです。ミステリアスで落ち着いた表情は、こけし本来の不思議な魅力をそのままに伝えてくれています。
木の温もりや木目の優しさなど、風合いはそのままに、富士山、舞妓さん、五重塔と日本を代表する文化を描いた、まさに「和」なアイテムになりました。
あえて舞妓さんの後姿を描くことで、言葉では表しにくい日本の「奥ゆかしさ」を表現。様々な日本文化を描いていますが、どこか深みのある木の色が不思議なまとまりを生みつつ、そのナチュラルさで飾りやすさも兼ねているのが嬉しいポイントです。
美しい着物の模様、富士山の雄大さ、小さくても繊細に彫られた五重塔と、卯三郎こけしの職人さんの巧みな表現力に、日本文化の尊さを再認識させられます。老若男女はもちろん、外国の方にも人気が高いこけしです。

手づくりのお品物なので、絵柄、色味、大きさが、若干画像と異なる場合があります。ご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。
  • 品番

    00101-00104

  • 原産国

    日本

  • 材質

    頭:栗 顔:水木 胴:栗

  • サイズ

    高さ:19cm 頭直径:7cm

  • ブランド

    卯三郎こけし 卯三郎こけし(うさぶろうこけし)

  • 備考

     

  • お願い

    直射日光のあたる場所や、高温多湿なところにはおかないでください。また、濡れた手で触れないようにしてください。

舞妓さんは、一般的に芸子さんになるための修行をする若い女性のこと。およそ20歳前後で舞妓を卒業しなくてはならないそうです。

卯三郎こけし舞妓

3,240-(税込)