ヒョウタンツギ

ヒョウタンツギは、手塚治虫の妹さんの落書きから生まれたものなんだそうですよ。

卯三郎の孫kokechiヒョウタンツギ

1,404税込

  • ヒョウタンツギ のイメージ(2)
  • ヒョウタンツギ のイメージ(3)
  • ヒョウタンツギ のイメージ(4)
  • ヒョウタンツギ のイメージ(5)
  • ヒョウタンツギ のイメージ(6)
  • ヒョウタンツギ のイメージ(7)
  • ヒョウタンツギ のイメージ(8)

06月27日(木)10時までのご注文完了で

06月27日(木)発送予定

※発送の目安となります。

©Tezuka Productions

あらゆる手塚作品に登場する、謎の生き物ヒョウタンツギ。こけしになっても、その存在感は健在です。

うずら卵のようなミニマムサイズ。実はヒョウタンツギはキノコだといわれているので、このサイズ感も納得です。

手塚漫画のどこにでも現れるヒョウタンツギは、その小柄さ、木肌の無垢さから、文字通りどこへでも飾って頂けるひと品です。カゴの中、観葉植物の下、ガラス戸のすみっこ。漫画で見たヒョウタンツギのように、こんなところに現れるんだ!とオリジナルの飾り方を研究してみても面白いですよ。

鉄腕アトム」「お茶の水博士」「ジャングル大帝レオ」「ピノコ」など、他の手塚シリーズのこけしのそばへ置きたくなる、ファンの方に是非オススメしたいひと品です。

※手づくりのお品物なので、絵柄、色味、大きさが、若干画像と異なる場合があります。

  • 品番

    01301-00018

  • 原産国

    日本

  • 材質

    水木

  • サイズ

    高さ:約3.5cm

  • ブランド

    卯三郎の孫kokechi 卯三郎の孫kokechi(うさぶろうのまご こけち)

  • 備考

     

  • お願い

    直射日光のあたる場所や、高温多湿なところにはおかないでください。また、濡れた手で触れないようにしてください。

ヒョウタンツギは、手塚治虫の妹さんの落書きから生まれたものなんだそうですよ。

卯三郎の孫kokechiヒョウタンツギ

1,404税込