暮らし

ジューンブライドにまつわる、三つの由来!

卯三郎こけし

木のぬくもりとホワイトが美しい「結婚誕生 こけし ウエディングセット

六月は、別名「JUNE」。JUNEといえば皆さんご存知、ジューンブライドですね。六月に結婚した花嫁は、幸せになるといわれています。te-noriでもご結婚に関するアイテムはたくさん取り揃えていますが、そんなジューンブライドに関する三つの由来をご存知ですか?ご結婚シーンにぴったりのte-noriアイテムと共に、ご紹介したいと思います!

⇒卯三郎こけしの「結婚誕生 こけし ウエディングセット」はこちら
⇒ご結婚祝いに最適なアイテム一覧はこちら

それぞれ異なる3つの説

卯三郎こけし

スラっとした華やかな「結婚誕生 こけし ご結婚ウェディング

そもそもジューンブライドは、ヨーロッパで生まれたもの。日本の事情とは少しかみ合わない部分もありますが、一つずつ見ていきましょう!

①女神ヘラから来ている説
全知全能の神ゼウスの妻「ヘラ」の名前を、ローマでは「ジュノー(JUNO)」と訳し、それが「JUNE」の由来となったというところから来た説。ヘラは結婚をつかさどる女神であったため、ヘラの月=六月に結婚すると幸せが訪れると言われたんだそうです。

②気候が良いから説
ヨーロッパの六月は日本と違い、よく晴れ雨も少ないため、結婚式には持って来いの月なんだとか。結婚式に気候は重要ですよね。

③結婚が解禁される月だから説
昔のヨーロッパの3、4、5月は、農作業が最も忙しく、結婚を禁止されていたから説。農作業がひと段落する六月にようやく結婚が解禁となるため、こぞって結婚式を挙げたんだそうです。

3つの説、どれも説得力がありますよね。ヨーロッパと日本では、気候がぜんぜん違うのだなあとも感じます。

⇒卯三郎こけしの「結婚誕生 こけし ご結婚ウェディング」はこちら
⇒ご結婚祝いに最適なアイテム一覧はこちら

結婚式を挙げるのに人気の月、そうでない月

フレンステッドモビール

ネコちゃんがお好きなご夫婦へ、新居がぐっとオシャレになる「Feline Mobile

日本では梅雨時なのに、すっかり定着したジューンブライド。とってもロマンチックで、女性が憧れる理由も分かりますよね。そんなことから、やはり六月は混雑している式場が多いようです。他には、暑すぎず寒すぎずの5月や10月~11月も大人気。逆にあまり混雑していないのが、12月~2月と、8月~9月。前者は寒く、雪などで交通状況も乱れがち。後者はとにかく暑いので、人気は低いんですって。
人気の月はやはりお値段も高め。お財布と相談しながら決めていきたいですね。

⇒フレンステッドモビールの「Feline Mobile」はこちら
⇒ご結婚祝いに最適なアイテム一覧はこちら

卯三郎こけし

妊婦の方へのご結婚祝いとしてもご利用頂ける「結婚誕生 こけし 夢子守

ジューンブライドって、こんな由来があったんですね。ヨーロッパ発祥のものだと分かりましたが、日本でも幸せな結婚式を挙げられたら、とっても素敵です!最近は結婚式も多様化し、ホームパーティ風のものや、オシャレな飲食店を貸し切った身近なものなど、個性あふれた「自分らしい結婚式」も増えてきました。あなたは、どんな結婚式に憧れますか?

⇒卯三郎こけしの「結婚誕生 こけし 夢子守」はこちら
⇒ご結婚祝いに最適なアイテム一覧はこちら