飾り

無限大の飾りつけを楽しめる忠犬、オスカー。

オスカー

皆さんはお部屋にインテリアを飾るとき、どんなことを基準にしていますか?
スペースがあるからここにしようとか、この色はここに合いそうだとか、様々ありますよね。
でも一番大事なのって、実は気分なんじゃないかなって思うんです。理由なんてない、飾りたいから飾るんだ!という、自由な気持ち。
te-noriでお取り扱いしているアーキテクトメイドは、そんな自由な発想をお持ちの方にぴったりのブランドです。

⇒アーキテクトメイドの商品一覧はこちら

オスカー、初めまして。

オスカー

パッケージもオスカーに合わせたデザインになっています

アーキテクトメイドの中でも特に自由に飾って頂けるのが、このワンちゃん。
彼の名前はオスカー。デンマークの著名な建築家、ハンス・ブリングの手によって作られた、木肌がまぶしいデンマーク生まれのナイスドッグです。
でも、オスカーのすごいところは、設計者だけじゃないんです。

⇒アーキテクトメイドの商品一覧はこちら
⇒オスカーの商品詳細はこちら

オスカー、今日はどんな気分?

オスカー

オスカー、お手!

オスカーの特徴は、その稼動部の多さ。前足、後ろ足はもちろん、顔も動かして頂けます。
お座り、伏せ、お手など、まるで本物の犬のように愛嬌たっぷりなオスカーは、置き物などに立て掛けるように抱きつかせてもグッド!
今日はリビングに。今日は天気が良いから窓辺に。今日はお客さんが来るから玄関でポーズを取ってもらおう。そんなリクエストにも難なく応えてくれるのが、オスカーの魅力です。

また、何の上に飾るかもとっても重要です。木材の上でナチュラルに。本の上ならイタズラっ子。金属やプラスチックの上なら、木との対比が更に美しく。
飾り方によってガラリと雰囲気を変えるのが、オスカーなんです。

⇒アーキテクトメイドの商品一覧はこちら
⇒オスカーの商品詳細はこちら

オスカー、ずっと側にいてね。

オスカー

お外嬉しい

オスカーを手にしてまず感じるのは、その作りの精巧さ。
犬のどういう所に人々は惹き付けられるのか、どうしたら本物の犬以上の愛嬌を表現できるのか。造形のプロたちによって徹底的に考えられた、「本物」のインテリアの美しさを備えたオスカー。
お鼻、耳、しっぽだけ素材が変えられているのも、チャームポイントの一つです。
小柄なので、赤ちゃんやお子さんへのおもちゃとしてもピッタリ。時代にとらわれないデザインで、大人になっても長く愛して頂けます。

⇒アーキテクトメイドの商品一覧はこちら
⇒オスカーの商品詳細はこちら

オスカー、2018年は戌年なんだって。

オスカー

酉年から、戌年へ!

te-noriがお取り扱いしているオスカーは、足に刻印の入った純正品。1953年に製作されたおもちゃの復刻版になります。
オスカーが初めて誕生してから、60年以上経った2018年。来年の戌年に向けて、オスカーの出番もますます増えていきそうです。

⇒アーキテクトメイドの商品一覧はこちら
⇒オスカーの商品詳細はこちら