<新商品>ノルディカデザイン

2016.10.06

ノルディカデザイン

クリスマスなんて、まだ少し先の話?

街はオレンジ色のハロウィンカラーに彩られる中、10月としてはめずらしい夏日がきたり。 不思議な季節感の毎日ですが、ノルディカデザインでは早くも今年のクリスマスアイテムがお目見えです。 クリスマスなんて、まだ少し先の話? いえいえ。そんなこと言わなくなっちゃうくらい、今年のニッセたちはとってもキュート。今すぐお迎えしたくなる、かわいさです。

今年は、7アイテムの新しいノルディカデザインがお目見えです。

ノルディカデザイン

イヤーズノルディカ 2016

今年のイヤーズノルディカは、北欧のベリーがテーマです。サンタさんの手には、ベリー入りのククサが。背中にも、かごにたくさんのベリーを入れています。 そして、女の子のニッセはベリーのジャム瓶をもっています。 これからくる冬に向けて、ベリーのジャム作り? それとも、ベリーでティータイム? サンタさんと女の子の楽しいお話しが聞こえてきそうな、特別なニッセ達です。

⇒イヤーズノルディカ 2016

ノルディカハウス

こちらは、今年はじめて発売された、ノルディカニッセ専用のおうちです。 ノルディカのお人形を持っていたら、ぜひ手に入れたいアイテムですね。

⇒ノルディカハウス

鳥を抱えるサンタ

羊を抱っこしたサンタさんやおさるさんを抱っこしたサンタさんは、クリスマスを過ぎてからも飾れるように日本の干支を意識したデザインで、ヨーロッパの職人さんたちが作ってくれました。 そして、今年も来年の干支「酉年」に向けて、かわいい鳥を抱っこしたサンタさんが登場です! さて、この鳥さん。なんの種類かわかりますか? 答えは、下のリンクから。

⇒鳥を抱えるサンタ

パフィン

鳥さん単体もあります。すでに持っているニッセでお正月飾りを楽しみたいのなら、このパフィンという種類の鳥さんと一緒に。パフィンは、北欧ではとってもポピュラーな鳥さんです。

⇒パフィン

プレゼントを届けるサンタ

今まさに、煙突に入るとしているサンタクロース。ノルディカハウスの上に飾ると、ぴったりです。こちらのお人形は、te-noriが特にお世話になっているノルディカデザインの担当の方がデザインされたので、特別おすすめです。

⇒プレゼントを届けるサンタ

マグカップを持ったサンタ

FIKAと書いてあるマグカップを持ったサンタクロース。FIKAには、お茶をするという意味があり、北欧では、ティータイムがとても大切にされてます。とは言っても、ただの休憩時間ではありません。FIKAは、大好きな人と時間を共有するという大切な習慣なんです。

⇒マグカップを持ったサンタ

シナモンロールを持った女の子

おいしいお茶には、やっぱり甘いものが必要ですよね。シナモンロールはいかがですか? 風邪予防にもなるシナモンですから、クリスマスの時期にぴったりですね。

⇒シナモンロールを持った女の子

お気に入りの今年のニッセは、見つかりましたか? 幸せを運んでくれるという、北欧の妖精・ニッセ。2016年の新商品の一覧は、下のリンクからどうぞ。

⇒https://te-nori.jp/catalog/search?tag=10