暮らし

11月18日は、世界一有名な、あのキャラクターの誕生日!

ミッキー&ミニー

世界一有名なカップル

11月18日って、何の日だと思いますか?そう、11月18日はミッキーとミニーの誕生日なんです!
でも、どうして二人のバースデーは同じ日なんでしょう?あまりに有名な彼らのことですから、きっと知っている方も多いかもしれませんね。今回は、そんなミッキーをテーマに追っていきます!

⇒【※te-nori限定※寿セット】ミッキー&ミニーはこちら
⇒ミッキー こけしはこちら
⇒ミニー こけしはこちら

始まりは、「蒸気船ウィリー」

ミッキー

白黒のアニメーション作品なんです

ミッキーが初めてスクリーンデビューしたのが、「蒸気船ウィリー」というアニメーション作品でした。
船を操縦しているミッキー。ところが、うっかりミニーを置いてけぼりにしてしまいます。慌てて彼女を乗船させますが、その過程で落とした楽器や楽譜を、ヤギがパクリ。すると、何故かヤギはオルゴールになってしまい・・という、
文字にするとちょっと変わったお話。実際はディズニーらしい、ユーモラスな映画だということです。
この「蒸気船ウィリー」の公開日が、1928年11月18日。つまり、ミッキーとミニーが初めて世に出た日が、お誕生日になったわけですね。

⇒【※te-nori限定※寿セット】ミッキー&ミニーはこちら
⇒ミッキー こけしはこちら
⇒ミニー こけしはこちら

きっかけはウサギの「オズワルド」

ラビット ライトピンク

ミッキーの耳をウサギらしく伸ばした姿、それがオズワルド

元々ディズニーには、ウサギの「オズワルド」という大人気キャラクターがいました。
しかし1928年、権利関係のいざこざにより、オズワルドの版権を失ってしまうウォルト。
オズワルドの代わりに、新しいキャラクターをデザインしなくてはいけません。そこで生まれたのが、ミッキーだと言われています。
何故ネズミかというのは諸説あり、ウォルトが飼っていた説や、部屋にネズミがいたから説など、真相はウォルトのみぞ知るのでしょうね。

ディズニーの手を離れた後のオズワルドは様々な作品に出演しますが、ミッキーの台頭が響いたのか、大きな活躍を見せることができず、2006年ついにディズニーの元へ権利関係が返還。
現在、少しずつではありますが、ディズニーワールドで姿を見ることが出来るようですよ。

ちなみに、ミッキーは初め「モーティマー・マウス」という名前だったのですが、妻のリリアンに「ミッキー」の提案を受け、現在の形に落ち着いたのだそう。
・・ミニーの幼馴染で、ミッキーの恋のライバルでもある「モーティマー・マウス」というキャラクターがディズニーにはいるのですが、偶然ではないでしょうね!

⇒ラビット ライトピンクはこちら

知る人ぞ知る、「アブ・アイワークス」

ミッキー&ミニー

「生みの親」といっても、色々あるのですね

実はミッキーのデザインをしたのは、ウォルトだけではありません。実質的な生みの親は、「アブ・アイワークス」というアニメーターだといわれています。
先にご紹介した、ウサギのオズワルドも彼の作品。天才的な画力を持っていたとされていて、ウォルトの右腕ともいえる人物でした。
ミッキーのデザインは彼が、性格などのプロデュース面はウォルトがしたとのことで、ミッキーは二人の共同制作と言ってもいいかもしれませんね。
もちろん、「蒸気船ウィリー」にも参加しています。良かったら、見てみて下さいね。

⇒【※te-nori限定※寿セット】ミッキー&ミニーはこちら
⇒ミッキー こけしはこちら
⇒ミニー こけしはこちら

今回は、ミッキーの生い立ちについてご紹介しました。もしかしたらウサギだったかもしれないと思うと、なんだか不思議な感じがしますね!
te-noriでは、ミッキーやミニーのほかにも、ドナルド、チップ&デール、プーさんを初めとした大人気キャラクターはもちろん、「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」のジャックや、「モンスターズインク」のマイクなど、たくさんのキャラクターをご用意しております。是非ご覧くださいね!

⇒ディズニーこけし一覧は、こちらから!